SSL証明書の有効期限をWEB上で簡単にチェックする方法

みっきい(@iwtpg)です。
今回はSSL証明書の有効期限を簡単にWEB上で簡単にチェックする方法を紹介します。

今回ぼくがこれを調べたきっかけっていうのが、こことは別のサイトで利用している無料SSL証明の「Let’s Encrypt」から「あと1ヵ月で期限が切れます」っていう英文メールが来たのがきっかけです。

そのサイトはGMOクラウドVPSを利用しており、Pleskのツールにて「Let’s Encrypt」が自動更新される設定にしていました。

ずっと自動更新されていたんですけど、なんかの理由で更新されなかったみたいで手動での更新を試しました。

『常時SSLとして、Let’s Encryptのインストールはできますか? – GMOクラウドヘルプ

■ご利用にあたっての注意点
Let’s Encrypt証明書をご利用の条件として、ご利用コモンネーム(ドメイン名)と
インストール先サーバーIPアドレスとで名前解決できる必要があります。

Let’s Encrypt証明書の有効期限は90日ですが、Plesk側で1カ月ごとに自動更新します。
なんらかの理由で自動更新が成功しなかった場合は、Let’s Encrypt項目から
[更新]ボタンをクリックしていただくと、手動で更新いただけます。』

でも手動で更新しても「Let’s Encrypt」から「更新されましたよ!」みたいなメールが来ないんですね。

で、簡単にSSL証明書の更新がされているか分かるツールは無いかなと思って調べた次第です。

SSL証明書の有効期限をWEB上でチェックできるツール

いくつか試しましたが、上記2サイトがすごく簡単だったので紹介します。

それぞれのページにあるアドレス入力欄に、自分のサイトのアドレスを入力するだけ。

そうすると有効期限が表示されるようになります。

ちなみに「Let’s Encrypt」は無料だけど3ヶ月しか期限が無いんですね。
今後もちゃんと自動更新されるのかも含めてしっかり確認しておきたいと思います。

1人でブログ運営するときは、こういう管理も自分でしないとダメなんで自分用メモという意味も含めて紹介させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)