【リングフィットアドベンチャー】疲労回復?肩こり?ボディメイク?自分の運動目的は何か考えてメニューを選ぶ

みっきぃ(@iwtpg)です。
今回はリングフィットアドベンチャーのメニュー選びについてのお話です。

いまこの記事を書いているのはちょうど師走。
仕事も忙しくなって肩こりだったり、運動する機会が減って体がだる重くなったりと疲労が溜まりやすい時期だなと思います。

それと冬は脂肪が付きやすい時期で、油断をするとすぐにお腹や顔がぷっくりしますよね。

そんな時、リングフィットならば目的に合わせて楽しく運動できるし、目的があれば人ってモチベーションが高まりやすくなるので「自分がなぜ運動をしたいのかを考えてメニューを選べばモチベーションが高まって結果がでやすいよ」っていう話を書いてみました。

疲労回復目的でリングフィット

リングフィットで疲労を回復する話の前に「アクティブレスト」って言葉をご存じでしょうか?

  • アクティブ=積極的
  • レスト=休養

つまり自分から積極的に体を動かすことで疲労回復を促すという方法で、運動雑誌や美容雑誌を普段から読まれている方ならご存じな単語と思います。
一昔前は疲労回復というと体をゆっくりさせることが常識だったかもしれませんが、最近では軽い運動をすることで血行がよくなるから、そのおかげで疲労因子が出て行って疲労の回復が高まるっていう話になっています。

なので疲労回復目的でリングフィットをするときは、少し負荷を低めにしたり軽めの運動メニューを選びながら全身の血行を良くしていくみたいな考えでプレーします。

リングフィットは負荷調整もしやすいし、セットメニューの中には柔軟性を高めるものだったりヨガ系だったりといろいろあるのでアクティブレストにはぴったりですよね。

肩こりなど疲労が溜まりやすい場所のケアにリングフィット

リングフィットにはお悩みの部位に合わせたセットメニューが用意されています。
例えば

  • 肩こり改善
  • 姿勢改善
  • 腰痛改善
  • 柔軟性アップ

なんかですね。

仕事が忙しくて座りっぱなしの人なんかだと肩こりや腰痛が起きやすいと思うんですけど、そういうものの原因って血流が悪くなってたりとか同じ姿勢で筋肉がこわばっているとかそういうもの。

なので運動負荷は低めでいいから気になる部位のセットメニューをやったり、セットメニューに含まれる運動メニューをアドベンチャーモードの時に選んでプレーしてあげると改善されやすくなります。

運動負荷を上げすぎるより、最初は低めでいいからアクティブレストも兼ねて徐々に運動時間を延ばしていくほうがいいですね。
肩こりだったらバンザイプッシュとかリングアローとかが結構しんどく感じるかもしれません。
でも繰り返し続けていくと筋肉もほぐれてくるし、徐々に改善されていきます。

継続ですねー。

ボディメイクにリングフィット

最近は「ダイエット」という視点より「ボディメイク」という視点で筋トレをされる人が多いです。
例えば女性だったらバストアップとかヒップアップとかでメリハリある女性らしい体に、男性なら腹筋や二の腕を鍛えて男性らしい強そうな体に。

リングフィットはそういう部位別のメニューもあるので、まんべんなくやるのもいいですけど自分が鍛えたい筋肉を狙ってメニューを増やすのもお勧めです。

ただ、男女ともに体幹部のトレーニングはお勧め。
体幹部を鍛えておくと姿勢が良くなるし、大きい筋肉が多いので代謝も上がりやすいです。

まあプランクとか腹筋系はめっちゃしんどいですけどねw

やっぱり継続が大事

運動は日々の継続がやっぱり大事。
週に1日だけ肩回りをがっちりトレーニングするより、コツコツ続けたほうが改善されやすいです。

ずっと続けていると自分の筋肉の使い方が分かってくるし、今まで動かしにくかった筋肉とか、今まで意識していなかった筋肉まで不思議と動くようになってきます。

リングフィットアドベンチャーは楽しみながら毎日続けやすいのが一番の特徴だと思っています。
ぜひ自分の目的にあわせてメニューを選びつつ、楽しみながら継続してみてください。

https://twitter.com/iwtpg/status/1338459303187890176?s=21
https://twitter.com/iwtpg/status/1339580975391465472?s=21
https://twitter.com/iwtpg/status/1340310461871390723?s=21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)