【スプラトゥーン2】スーパーチャクチを守備に使う攻めスプラシューターという戦い方

最近のぼくのマイブームが「スーパーチャクチ常に溜めた状態のスプラシューター」です。

スプラシューターは確定数3(3回当てるとキルできる)なので攻めやすいんですけど、スーパーチャクチを溜めた状態だとさらに攻め込みやすくなるんです。

理由は3つ。

  • 1つ目はスーパーチャクチは全方位攻撃だから死角を取られたり囲まれてもカウンターで攻撃できる点。
  • 2つ目は下降時に無敵時間があるので緊急回避に使える点。
  • 3つ目は発動するとインクが満タンになるので緊急インク回復に使える点。

チャクチ狩りというリスクもありますけど、使いどころを見極めるとスプラシューターの攻めやすさがさらにアップします。

ギアについて

スーパーチャクチ常時溜めを狙うなら、ギアは「スペシャル増加量アップ」があると便利。
スーパーチャクチが使えない時間が減ることで攻めの時間を増やすことができます。
それにスーパーチャクチを使ったあとも一旦距離を取ってしまえばまたすぐ溜まるので攻めなおしが短時間で可能になります。

スーパーチャクチ後のクイックボム

スーパーチャクチって攻撃範囲が広いので、もしキルを取れなくてもインクダメージを与えてるケースが多いんですね。
なのでスーパーチャクチ発動後に距離を取られてもすぐにクイックボムで追撃すればキルを取れることが多いです。

チャクチ狩りをされないコツ

スーパーチャクチと言えばチャクチ狩り。
スーパーチャクチは上昇中は無敵時間がないのでタイミングを合わされるとキルを取られてしまうんですよね。

そのチャクチ狩りを防ぐコツは相手との間合い。
距離が遠いとエイムで合わされやすくなりますが、極端な話で相手の真上にジャンプすることができたらエイムは合わされづらいです。

距離が近いほうがキルも取りやすいので、狙うなら上手く相手の足元にもぐりこんだり相手の背後にささっと回りたいところです。

チャクチ狩りされても気にしないこと

できればチャクチ狩りを受けないのがベストですけど、もしキルを取られてしまっても気にしないのが大事。

なぜかというとスーパーチャクチって上昇中にキルを取られてもスペシャルゲージは減らないんですね。
もちろん復活時にスペシャルゲージは減少していますが、ゲージ0にはなってないので前線に復帰するまでに溜めればOKぐらいの感じで攻めなおすことができます。

ぼくのスーパーチャクチは守備的な考え

ぼくが最初に書いた

  • 「カウンター攻撃」
  • 「無敵時間を使った緊急回避」
  • 「インクの緊急回復」

はどれも守備的な使い方です。

要はスプラシューターっていう攻撃的なメインブキで攻めつつ、何かあったらスーパーチャクチで回避するっていうシューティングゲームで言うところのボムみたいな考え方です。

スプラトゥーン2って数的優位を作るほど有利に試合を運ぶことができるゲームなので、スーパーチャクチでキルを取れなくても「生存できる」っていう時点でめちゃくちゃメリットになるんです。
それに生存率が上がるって言うことは思い切って攻めることができるということです。

攻める回数が増えれば体に攻めの姿勢が染み付きます。

「メイン=攻めるため」
「スーパーチャクチ=回避のため」

っていう分離の戦い方。
ぜひみなさんも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)