【スプラトゥーン2】海女美術大学×ガチホコ 立ち回りの考察

スプラトゥーン2の海女美術大学×ガチホコの考察記事です。
備忘録として勝率の高かった戦い方を記録してます。
考察は随時更新して行きます。

海女美術大学のガチホコについて

海女美術大学のガチホコについて

狭めのステージなので乱戦になりがちです。
ガチホコを持ったらすぐ襲撃されますし、ホコを持ったら早めに進むのを心掛けたい。
まごまごするぐらいならホコを持つ前に相手の人数を増やしたいところです。

乱戦になると言うことは味方も敵もキルされることが多い。
なので味方の人数と敵の人数を出来る限り把握し、チャンスと思ったら一気に畳み掛けたい。

海女美術大学は狭いこともありホコを持たれたら一気にゴールできることが多いです。
できる限り数的不利にならないよう1vs1の勝率を上げたいです。

僕は1vs1の戦いのことをデュエルと呼んでますが、デュエルを避けずにデュエル勝率を上げられる人が得意なステージと感じてます。

マップが狭いのでホコ割りの機会が多い。対物攻撃力アップが活躍

マップが狭いのでホコ割りの機会が多い。対物攻撃力アップが活躍

対物攻撃力アップ(対物ギア)はホコバリアにも効果があります。
なので海女美術大学のような狭いステージだとホコ割りする機会が多いので、対物ギアが活躍するわけです。

対物ギアがついてるアケビコンフォートはイカ速度がつきやすいギアです。
揃えておくと他のステージのガチホコでも役立ちます。

リスタートに近い位置でできる限り潰す

リスタートに近い位置でできる限り潰す

このステージは一気にゴールまで突き進める。
なのでゴールに近い位置で相手をキルしつつ、自インクで塗っておけば優位に戦えます。

相手をリスタートの近い位置でキルし続けると、相手にしてみれば味方の人数が揃わないうちに前に出ないとダメになるので数的不利が続き大変しんどい。
こういうシチュエーションを長く作りたいところ。

中盤は高台をキープしたい

中盤はキープしたい

中盤のエリアにある2つの高台。
ここに登られると上から射撃されて大変しんどいです。

自分が登らないにしても高台の壁を塗って味方が登りやすく、かつ相手が登りづらくすることで中盤エリアでの戦いが優位になります。
クイックボムはパッと塗れるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)