【スプラトゥーン2】マンタマリア号×ガチヤグラ 立ち回りの考察

スプラトゥーン2のマンタマリア号×ガチヤグラの考察記事です。
備忘録として勝率の高かった戦い方を記録してます。
考察は随時更新して行きます。

マンタマリア号のガチヤグラについて

マンタマリア号のガチヤグラについて

マンタマリア号のガチヤグラは狭いエリアを通って行くところがポイントです。
スタート地点は広めのエリアで、ここで数的優位を取ったほうがヤグラに乗る展開です。

狭い通路を通って行くので乱戦になりがち。
ここで守備側がまとめてデスを取られると一気にヤグラを運ばれます。

タイミングを見計らってヤグラを取り、いかに数的優位を保ち続けられるかがポイントです。

おすすめブキとギア

96ガロン+ヒト速度アップ・メイン効率(ギアが揃うならイカ速度アップ)

96ガロン+ヒト速度アップ・メイン効率(ギアが揃うならイカ速度アップ)

96ガロンは2017.10.11のVer.1.4.0アップデートで射撃ブレが減り、一発のダメージが52.0から62.0になったことで2確が安定しました。

射程が長いので遠目の位置からヤグラ乗りを撃ち落としやすい。
また、マンタマリア号のような高低差が激しいステージでは隠れつつ攻撃したり、障害物の上にいるテキを煽りやすくなりました。

62.0という高ダメージのおかげでアシストもつきやすくなり、ヒト速度で横移動しつつ安全な位置から味方のフォローができます。

またマンタマリア号は柱にスプリンクラーが設置しやすく、インクバリアはヤグラに乗った時に便利です。

両サイドをキープできるかがポイント

右サイドから中央に展開する

右サイドから中央に展開する

右サイドの広場はスタート地点から足を運びやすく、味方の攻めの起点になる場所です。
射程の長い武器だと見晴らしもいいので塗りやすく、味方のフォローもしやすくやります。

左サイド制圧で相手の展開力を潰す

左サイド制圧で相手の展開力を潰す

逆に左サイドは相手の攻撃の起点。
ここをしっかりと塗ることで相手は前に出づらくなります。

ローラーなど隠れながらキルを取るブキはこの左サイドに潜むと相手からは脅威となります。

壁塗りでプレッシャーを与える

壁塗りでプレッシャーを与える

画像の高台は相手が足を運びやすいところ。
この上から攻撃してくることが多いので、壁を塗っていつでも壁を上がれる体制を作りプレッシャーを与えます。
上段も塗っておくと相手はこのゾーンに足を踏み入れにくくなります。

ヤグラに乗らないなら左から攻める

ヤグラに乗らないなら左から攻める

マンタマリア号はヤグラが通る通路が狭い。
ならばその通路に近寄らせないという意味で、左から相手陣内に侵入します。

射程が長いブキならセーフティーにタマを撃つだけでも効果あります。
1vs1に自信があるなら一気に攻め込んで、ヤグラを狙うテキを潰してしまいましょう。

ヤグラに乗るなら正面の壁からのテキに注意

ヤグラに乗るなら正面の壁からのテキに注意

この画像の位置は相手が飛び出してきやすいところ。
理由はスタート地点から最短距離で、なおかつ壁裏からヤグラを攻撃できるからです。

メインブキで近寄らせないのも一つですが、ボムなどサブを利用するのも手です。

柱にスプリンクラーを設置しやすいマンタマリア号

柱にスプリンクラーを設置しやすいマンタマリア号

マンタマリア号の特徴に柱があります。
ここにスプリンクラーを設置すると相手は大変壊しづらく、上段からインクが降って来るので大変めんどくさい。

特に画像の相手陣内にある最後の柱に設置するのは相当いやらしいです。
スプリンクラーは自分がキル取られるとその時点で消えるので、スプリンクラーを活かすならセーフティーに行くのも一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)