【モンハンワールド】これはモンハンの再構築。初代モンハンをプレーした時の感動が蘇ってきた

初代モンハンからプレーしてます。
全シリーズをやり込んでるわけじゃなくて、特に最近は新作でも新しさを感じなくて、買ったはいいけどあんまりやらずに放置ってのが続いてました。

しかし!このモンハンワールドはすごい!
モンハンを再構築し、リアルさを組み込むことで探索や狩猟の興奮が戻ってきました。

プレー時間5時間だけと、このプレー時間が短いうちに書いておきたかった

プレー時間5時間だけと、このプレー時間が短いうちに書いておきたかった

プレー時間5時間という短い時間でレビューは書かないほうがいいのかもしれません。
でもこのプレー時間が短いうちに書いておきたかった。
この興奮を書き留めておきたかった。

まずはグラフィックの美しさ。
これは単なる画質の話だけではなくて、モーションだったりマップ上のあらゆるものが美しいのです。
今まではマップというか戦いのステージを走り回るという感じでしたが、今回は未開拓の大自然を探索し歩くという興奮です。
正直言って広すぎるマップなんですが、美しさだけじゃなく「もしかしてあの壁登れる?」と思った場所は登れるし「この木の根っこみたいなルート上がれる?」と思ったら上がれちゃう。
ゼルダブレスオブザワイルドのように思った通り進めるからストレスや違和感がないのです。

モンハンのめんどくささといえば素材回収や回復アイテムを飲む時のモーションなど、もっとちゃっちゃとやれるやろー!みたいな動きです。
今回のモンハンワールドはそれらの動きが自然になって、素材回収も歩きながら拾えたり回復アイテムも歩きながら舐めたりします。
動きにリアルさが出て、そのおかげで素材集めも楽しいんですよ。

大型モンスター探しも今回はスムーズ。
導蟲っていう要素のおかげで、大型モンスターの痕跡を見つけるごとに勝手に近づいていけます。
今までみたいにペイントボールの時間過ぎて必死に探すみたいなのがなくなりました。

クエスト途中で参加できるようになったのが最高すぎる

クエスト途中で参加できるようになったのが最高すぎる

モンハンワールドで一番すごいのがクエスト途中に他の人のクエストに参加できることです。
これによって4人揃うまでクエストに行かないとか、友達と時間待ち合わせしてプレーするとかっていう「待ちの時間」が一気に減りました。

自分がソロプレーやっててキツイと思ったら救援信号を送れるのもナイスアイデア。
見知らぬ人が勝手にクエストに入ってきてくれます。

パーティも固定でやりたければ固定で、毎回気軽に適当にやりたければすぐ抜けれるとほんと気楽。
オンラインだけどオンラインのめんどくささがない。
スプラトゥーンの野良サーモンランみたいにほんとに気軽に4人パーティーが組めます。

仕事でゲームする時間が細切れにしか取れない僕には本当にありがたい仕様です。

モンハンワールドの面白さがわかるのは恐らくこれからだろう

ここまで書きましたけど、レストランでいうとお店に入ってオードブルを一口食べたレベルでの感動だと思います。
これから相当なプレー時間をつぎ込んで新しいモンハンの面白さを噛み締めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)