【セフティ・マッチ銀言集】「なんの努力も、しなくていい。ただ、ともだちをなぐさめるだけでなく、なにか力になってやりたいと思うなら、なんにもできないやつのままじゃあな。」

なんの努力も、しなくていい。
ただ、ともだちをなぐさめるだけでなく、
なにか力になってやりたいと思うなら、
なんにもできないやつのままじゃあな。
(セフティ・マッチ銀言集「若い人」の章より)

僕はこの言葉がすごい好きなんです。

なんで努力ってするんだろうなって考えた時、結論がここに行くんです、いつも。

自分一人で生きていくだけならなんとでもできる。
お金を稼いでもっと楽しい事を~とか思うけど、いまダラダラと楽なほうを選ぶのも十分楽しい。
となるといまダラダラするほうを選択しちゃいます。
努力するよりも何もしないほうが楽だし楽しいから。

じゃあなんで努力って必要なんだろうとか、努力しないとソワソワするのはなんでだろうって思ったときに、この言葉に行きつきます。


自分の家族が困った時になにができるか。
妻が困った時になにができるか。
友達が困った時になにができるか。

困ってから動いて間に合うものなのか。
困ってから努力してその人を助けられるだろうか。

そう考えた時に、今からちょっとずつちょっとずつ何か自分に力を付けていたら、いざって時にその人を助けるきっかけになるんじゃないかと。
その時に後悔しないために、少しずつ努力していったらいいんじゃないかと。

そう思いながら、日々努力して自分の力を伸ばしていってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)