【FIFA21】タックルはパワーを調整しながらすること

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
FIFA21のタックルのパワー調整について説明します。

ぼくがFIFAをプレーし始めたころ「タックルってかわされたらもの凄く隙が出来てリスキーやん」って思っていました。

成功すればボールは奪えるけど、タックルをミスると完全に置き去りにされてピンチに。

でも繰り返しプレーしているうちに「もしかしてタックルって押す長さでパワー調節できる?」ってことに気付いたんです。
FIFAプレイヤーには常識かもしれませんが、ぼくはそれを最初知らなかったのでタックルってここぞのタイミングでしか使っていませんでした。

□ボタンの押す長さでタックルのパワーを調節できる

FIFA21では□ボタンの押す長さでタックルのパワーを調節できます。
シュートと同じ感じと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

□ボタンを長めに押すタックルだと、相手に深くもぐりこむようなタックルになり、タックルをミスったときにドリブルで置き去りにされます。

□ボタンを短く押すタックルだと浅めのタックルになり、避けられても置き去りにはされませんがボール奪取力は低めです。

□ボタンをほどよく押す感じでタックルすると相手選手を止めやすいタックルになります。
もちろんタイミングや距離感は大事になりますが。

ペナルティエリア内のタックル

FIFA21では過去作に比べてタックルしたときにファールになりにくい風に感じています。

なので過去作ではペナルティエリア内でタックルするとPKのリスクがかなり高かったんですが、FIFA21ではちゃんとボールを見てタックルをすればボールを奪いやすくなっています。
※もちろん後ろからタックルに行くとかボールに行ってないタックルはファールになりますけど。

その時、□ボタン長めのハードタックルだとファールになりやすく、できれば浅めのタックルのほうが良いかなと感じています。

もちろんタックルを使わずに防ぐことが一番リスクが少ないのですが。

□ボタンを使わないボール奪取

タックルを使わずにボールを奪えるようになるとファールになる確率が低くなります。
やり方はドリブルの動きを読んで相手選手とボールの間に体を入れること。

でもFIFA21では□ボタンタックルが成功したときにマイボールになりやすいです。
なのでボールを奪えそうなタイミングなら□タックルを狙ったほうが攻撃に転じやすいです。

力まないこと

よくあるのが終盤になってボタンを力んで押してしまってハードタックルになること。

ボールを奪えれば良いですが、かわされると守備がはがされて失点のリスクが高まってしまいます。

意外とこの「力まない」を意識している人って少なくて、これを意識できると終盤の失点が減ったり、連戦でも同じパフォーマンスを続けて出せるようになります。

力まないようになるとプレーミスだけじゃなくて、体の疲労も溜まりにくくなるんですよ。
長時間プレーすると勝率が落ちてくる人は「力まない」を意識してみると勝ちやすくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)