【オクトパストラベラー】オルベリク1章の攻略と感想|裏切ったエアハルトの真意はなにか

プリムロゼでプレイをはじめたオクトパストラベラー。
次はオルベリクのいる町に向かう。

序盤に体力と打撃攻撃が強そうなキャラがいれば楽にプレイできるかもしれないというのと、プレイ前にオルベリクかプリムロゼのどっちで始めるかを悩んだからだ。

オクトパストラベラーは全員のストーリーを体験できるという事で、オルベリクに出会うとオルベリクのストーリーを最初からプレーすることになる。
プリムロゼと出会う前の話をプレイすることになるので、オルベリク1人でのプレーとなる。

オルベリク1章のあらすじ

オルベリク1章のあらすじ

オルベリクはホルンブルグという国で「剛剣の騎士」と呼ばれていた。
しかし信頼していたエアハルトに裏切られ、王と国を失った。

目的を失ったオルベリクは山奥の村で用心棒として暮らし、町人に稽古をつけるなど村の自衛に一役買っている。

そんな中で村に山賊がやってくるが、その山賊との出会いがオルベリクの運命を変えることになる。

オルベリク1章の攻略

オルベリク1章の攻略

オルベリクの1章はレベル上げと装備を整えれば難しくない。
ボスの攻撃力が高めなので、回復アイテムを多めに持っていけば難なくクリアできるはずだ。

オルベリクは剣と槍の2つの武器を装備できることが特徴。
このゲームは敵に弱点というものがあり、相手の弱点を見極めて武器を選択すれば倒しやすくなる。

また、バトルアビリティも剣のものと槍のものがある。
剣のバトルアビリティを沢山手に入れても、装備している剣が弱ければ勿体ない。
どう育てるか楽しみながらチョイスしていけばいいだろう。

オルベリク1章の感想『裏切ったエアハルトの真意はなにか』

オルベリク1章の感想『裏切ったエアハルトの真意はなにか』

1章が終わるとオルベリクは、自分の剣の意味を確かめるために、裏切ったエアハルトを探す旅にでる。
だけどオルベリクは気づいていないかもしれないが、オルベリクの剣は「誰かを守る」ためのものだ。

王と国を守れなかった失意。
それでも次は村を守るために剣を振っている。

自分の身を守るだけであればそこまで強くなる必要はない。
でも誰かを守るためには時には戦う必要があり、そのためには自分を磨かなければならない。
誰かを守りたいなら強くならなければならない。
誰かを守りたいなら、力が無い自分のままでいれば後悔する日が来るかもしれないし、後悔した時にはもう遅い。
オルベリクの自己研鑽はそこから来ている。

それよりも気になるのがエアハルトだ。
単に地位やお金のために裏切ったとは思えない。
エアハルト自身に深い物語があり、オルベリク編はエアハルトの内側を覗く物語になるんじゃないかと思う。

人は目的の沿って行動する。
エアハルトの目的とは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)