ロマサガ2のおすすめ陣形は「ラピッドストリーム」か「アマゾンストライク」かの話

ロマサガ2で重要なのが「陣形」

このゲームは説明が少ないこともあって、スーファミで発売された当時は陣形の重要さっていうのが分かりにくかったんですけど、いま発売されているリマスター版だと陣形の特徴が紹介されてるんでかなり分かりやすくなりました。

いくつかおすすめの陣形はあるんですが、その中でも人気の「ラピッドストリーム」と「アマゾンストライク」について語ってみます。

必ず先制攻撃ができる陣形「ラピッドストリーム」

  • ラピッドストリーム
  • 武装商船団を皇帝にすると習得
  • 必ず先制攻撃ができる
  • 素早さ-2
  • 行動後はスタン状態 ※盾、ガーターが使えない状態

序盤から入手できることもあって愛用しているプレイヤーも多い「ラピッドストリーム」

ロマサガ2は雑魚敵の攻撃力が高いこともあって、先制攻撃をしてしまって雑魚を1ターンで倒してしまうほうが安全に進めることができます。
なのでラピッドストリームの特性である「必ず先制攻撃ができる」というのはかなりのメリットなんですよね。

ただ、素早さが落ちてしまうので体術での攻撃力が下がるんですよね。
※体術は腕力と素早さで攻撃力が決まる。

ロマサガ2は体術が強くて、最終皇帝を体術で戦わせる人も多いと思うんですけど、この素早さ-2って結構大きくて、アマゾンストライクで素早さを上げたときとダメージも1000以上減っちゃうときがあるんですよ。

要は先制攻撃はできるけれども、攻撃とか防御とかそのほか補助が無いのがラピッドストリームなんですね。

攻撃力重視の「アマゾンストライク」

  • アマゾンストライク
  • アマゾネスを皇帝にすると習得
  • 一列目のキャラ1人→素早さ+3、斬殴突の威力1.25倍、行動後防御(ダメージ半減)
  • 二列目のキャラ2人→素早さ+1、斬殴突の威力1.25倍、行動後防御(ダメージ半減)

一方のアマゾンストライクは前列3人の強化がすごいんですよね。

素早さが上がるので体術は効果的だし、斬殴突の威力も上がる。
さらに行動後はダメージを減らす効果もありで防御面も大きい。

体術で一番強い「千手観音」を使ってみると分かるんですけど、素早さアップ+攻撃力アップでダメージが1000とか2000とか変わってくるんですよ。

ただ、アマゾネスを仲間にしないとダメなので習得がゲーム中盤になってしまいます。

なので序盤はラピッドストリームで、中盤以降はラピッドストリームとアマゾンストライクを使い分けっていうのがプレーしやすいはずです。

「ラピッドストリーム」「アマゾンストライク」の使い分け

ラピッドストリームは序盤に獲得できるので序盤以降の陣形にお勧め。
雑魚戦は先手を取って火力で一気に倒すと楽なのでラピッドストリームを使うことが多いです。

スタン耐性がないボスの場合、ラピッドストリームの必ず先手を取れることろ利用して「なぎ払い」などでスタンさせまくれば楽に倒せたりします。

ただ、アマゾンストライクは前3人の素早さが上がるので「なぎ払い」作戦もやろうと思えばやれます。
なにより攻撃力が上がるのでバトルを短時間で終わらせられるのが大きいです。

2つとも人気の陣形ということで本当に便利。
ロマサガ2クリアを目指すなら、ぜひ2つとも習得しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)