【FIFA20】アウトサイドシュートはアウトサイド特性を持つ選手しか打てなくなった

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
今回はアウトサイドシュートについてです。

今作FIFA20では選手特性という選手の個性を生み出す要素があります。
そしてアウトサイド特性を持っている選手しかアウトサイドシュートを撃てなくなったとのことです。

使える選手は

ルイス・スアレス、ゴンサロ・イグアイン、リカルド・クアレスマなどだそうです。
限られた選手しかアウトサイドシュートを狙えないので、今までアウトサイドシュートを使っていたプレイヤーは注意が必要です。

シュートの種類について

シュートは足の内側で蹴る「インサイドキック」と、足の甲で蹴る「インステップキック」の2種類が9割を占めます。
「アウトサイドシュート」っていうのは足の外側(薬指や小指側)で蹴るシュートになるんですね。

なぜインサイドキックとインステップキックが9割を占めるかというと、アウトサイドシュートっていうのはミートさせにくくパワーも乗せにくいシュートだからなんですね。

アウトサイドシュートのメリット

じゃあなぜアウトサイドシュートを使うプレイヤーがいるのか。

それは、例えば右足でのシュートは左に巻くようなシュートを撃ちやすいんですね。
それがアウトサイドシュートならば右足で右に巻くようなシュートを撃てるのです。

つまり

  • シュートコースのパターンが増える
  • 右足で右に巻くというフェイントになる

というメリットがあるわけです。

アウトサイド特性を持つ選手が少ないってことは、アウトサイドシュートを見慣れているプレイヤーも少ないってこと。
アウトサイド特性を持つ選手を獲得できたらぜひ練習して、ここぞのシーンで使いたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)