【FIFA20】今作はなぜ、決定機の数を増やすことが重要になったのか?

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
この記事では「FIFA20は過去作よりも決定機の数を増やすことがより重要になった理由」について書いています。

最初に答えを書いちゃうと、FIFA20ではゴールキーパーのスーパーセーブが発生しにくくなり、決定機でちゃんとゴールが決まりやすく調整されているからです。

なのでキーパーとの1vs1だったり、ゴール前での決定機を生み出せばゴールに繋がりやすくなっています。
だから決定機自体の数を意識して、試合を組み立てることがFIFA20では重要になってくるってことですね。

決定機で全然ゴールが決まらなかったFIFA19

FIFA19の経験者はもうみんな体験していると思うんですけど、キーパーとの1vs1でもとにかく決まり辛かったんですよね。
1試合に何度も決定機を作っても、キーパーが物凄い反応でストップしてボールをはじき出してしまうんですよ。

なのでゴール前でシュートテクニックを磨くために、ループシュートの練習をしたりとか、□→×のシュートフェイントを練習したりとかしていました。

でも今作FIFA20ではゴール前の決定機でちゃんとゴールが決まるようになったので、決定機作り自体に集中できるようになりました。
ぼくとしてはめちゃくちゃ嬉しいです。

決定機の数を意識して組み立てる

実際のサッカーでは「決定機を作るのは監督、ゴールを決めるのは選手」と言われています。
つまり、最後にゴールを決めきるのは選手次第なので、監督しては多く決定機を作るチーム作りをする必要があるっていうことです。

FIFA20は決定機さえ作ればゴールが決まりやすくなっているわけで、それだけ決定機の数というもの自体が大事になってきています。

決定機を作るチームの組み立て、決定機を生み出すゴールパターンをより多く考えてチーム作りしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)