【FIFA20】ハーフスペースとは?ハーフスペースの重要性や使い方

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
今回はFIFA20における「ハーフスペース」の重要性の話です。
この2つの単語を知らない方でも分かるように説明していきます。

最近になって急に使われるようになったサッカー用語「ハーフスペース」

少し前までサッカーってピッチを3分割する「左サイド、中央、右サイド」で考えられていました。
しかし最近ではピッチを5分割する

  • 左サイド(左大外、左アウトサイド)
  • 左ハーフスペース(左ハーフレーン)
  • 中央レーン(センター)
  • 右ハーフレーン(右ハーフレーン)
  • 右サイド(右大外、右アウトサイド)

という考えに変わってきたのです。
5分割がいわゆる「5レーン」という考え方ですね。

その中の「ハーフレーン」に注目が集まっていて、ここを使った攻撃が大変効果的ということで世界的に大流行しています。

そしてハーフスペースのPA内のゾーンを「ポケット」と呼びますが(※「ポケット」は使っていない人も多いです)この「ポケット」からの攻撃って得点に直結しやすいのです。

この記事ではFIFA20におけるハーフスペースの有効性や、ハーフスペースを使った攻撃について説明をします。

なぜ「ハーフスペース」が有効なのか

なぜハーフスペースが世界的に広まってきたか。
それはハーフスペースが守備側において曖昧なレーンで、大変守りにくいからです。

3レーンの考え方

最初にも書きましたが、以前はピッチを3分割する「左サイド、中央、右サイド」という3レーンの考え方でした。

攻撃側が4-4-2なら

  • 左サイド→左MF
    中央→2トップ
    右サイド→右MF

という感じで配置されていました。

なので守る側も4バックなら

  • 左サイド→左サイドバック
    中央→センターバック2枚
    右サイド→右サイドバック

という感じで3レーンに分けて考えればよかったのです。

5レーンの考え方

そして5レーンっていうのはピッチを縦に5つに分ける考え方です。

となると、例えばハーフスペースにいる選手はセンターバックが見るのかサイドバックが見るのかが曖昧になってしまいます。
マークが中途半端になるとセンターバックとサイドバックの間をぶち抜かれちゃうわけですね。

また、5つのレーンにそれぞれ選手5枚が並んだとします。
すると4バックの守備だと捕まえきれず、ボランチやサイドハーフが下がって守備に参加しないと必ずフリーの選手が生まれてしまいます。

ボランチやサイドハーフが下がるとなると、その下がったスペースを使われる可能性もあるわけで守備の形が難しくなるわけですね。

ハーフスペース突撃

ハーフスペースを使う攻撃としてよくあるのがCMをハーフスペースにスプリントさせる形です。
いわゆる「ハーフスペース突撃」です。

例えば4-3-3の配置のとき、FWが中央レーン、ウイングが大外のレーンにいるとします。
その状態でCMがハーフスペース突撃を行えば、センターバックがCMについてくれば中央のレーンがFWと1vs1になりますし、サイドバックがCMについてくればウイングはマーク無しのフリーの状態になります。

ハーフスペース突撃は「トリガーラン」というフリーランさせる操作を使うとやりやすいです。

※「トリガーラン」→走らせたい選手に向かって左スティックを倒し、L1ボタンを押す。すると指定した選手が前にダッシュする。

5レーン攻撃に適したフォーメーション

ハーフスペースを有効に使うのであれば5レーンに適したフォーメーションを使うとやりやすいです。

例えば4-3-3であれば

  • 左サイド→左ウイング
  • 左ハーフスペース→左CM
  • 中央レーン→1トップFW
  • 右ハーフレーン→右CM
  • 右サイド→右ウイング

という形ですね。
FIFA20は4-3-3の人材が多いのでやりやすい形です。

他にFIFA20からボランチの設定で「DFの間を狙う」というのが出来ました。
これは「サリーダ・ラボルピアーナ(※通称「サリーダ」)」という戦術で、ボランチがセンターバックの間に下りてきて3バック化してしまうやり方です。

これを使って両サイドバックを攻撃的にして高い位置に上げると

  • 左サイド→左サイドバック
  • 左ハーフスペース→左ウイング
  • 中央レーン→1トップFW
  • 右ハーフレーン→右ウイング
  • 右サイド→右サイドバック

という形で5レーン化できます。

FIFA20は試合中にフォーメーションを変更できるので、守備は4-4-2で攻撃のときは上の形に変化させるのも面白いです。

サッカー観戦でハーフスペースをどう使っているかぜひ見てみよう

ハーフスペースの使い方を覚えるなら、リアルなサッカーを観戦すると面白いです。
例えばマンチェスターシティはハーフスペース突撃をよくやっていますし、欧州のチームは攻撃の流れの中で5レーン化するチームが物凄く多いです。

5レーン化したときに、どのポジションの選手がどのレーンにいるかを見るとサッカー観戦が楽しくなりますよ。

その上で自分のFIFA20でのプレーにぜひ落とし込んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)