【FIFA20】4-3-3が初心者にお勧めのフォーメーションである3つの理由

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
今回はFIFA20におけるフォーメーション4-3-3が初心者向けである理由を紹介します。

先に結論を書いてしまいますと

  • ①採用しているチームが多くて選手を集めやすい
  • ②アンカーが存在することで守備をしやすい
  • ③サイド攻撃もサイド守備も安定する

の3つがその理由です。

サッカー初心者の方にフォーメーションについて簡単に説明をしておくと4-3-3というのはDF4枚、MF3枚、FW3枚という意味です。

ぼくはサッカー観戦好きで年間50試合ぐらい見るんですけど、欧州リーグだと4-3-3の使用率がすごく高いなと感じています。
ウイングによるサイド攻撃、ピッチの幅を大きく使った組み立てなどなど、現代サッカーにフィットしているフォーメーションだからだろうなって感じています。

では3つの理由を解説していきます。

①採用しているチームが多くて選手を集めやすい

現在、欧州のトップクラブだと4-3-3の使用率ってとても高いです。
ということは4-3-3に適している選手が多いということで、選手も集めやすいのです。

ぼくがFIFA20で特に感じているのがCMで良い選手を引きやすいなという点です。

4-3-3のMFは「CM2枚+CDM1枚」または「CM3枚」を使います。

この中盤3枚の組み合わせでプレースタイルを変化させやすいので、無課金のプレイヤーでもチームをいろいろと変化させることができてチームの組み立てが楽しくなります。
具体的な例を挙げると

  • ・運動量と守備力の高い選手を並べて中盤の守備を安定する
  • ・ドリブル力のあるCM2枚+CDMで、縦に仕掛けやすくする
  • ・シュートの上手い選手を置いてCMをペナルティエリア内に飛び込ませる

などなどです。

途中交代でも変化を与えやすいのでCMをいろいろ試すだけで対戦が楽しくなりますよ。

②アンカーが存在することで守備をしやすい

アンカーっていうのはCBの前、CMやCDMの後ろに位置する守備的な役割を果たすMFのことです。
要は最終ラインの前で守備をしてくれる「中盤の底に位置するMF」です。

そのアンカーを置くと守備をしやすくなる理由は2つです。

アンカーを置くとチャレンジ&カバーをしやすくなる

守備の基本的な考えとして「チャレンジ&カバー」というものがあります。
1人は後ろでカバーし、もう1人がボールホルダーにチャレンジしてボールを奪いに行くという考えです。

FWがボールを持ったときにセンターバック2枚でチャレンジカバーをすると、どちらかのセンターバックが前に出るので最終ラインに穴が開きやすくなります。

そこでCBをカバー役にしアンカーをチャレンジ役にすることで、CBはラインを守備ラインを維持したままボールを奪いにチャレンジできるというメリットができるのです。

アンカーを置くとセンターラインで守備をしやすくなる

最近のサッカーは3トップや1トップというセンターラインにFWを置く形が多くなっています。

4-4-2だと偶数になるので中央のFWに対して左右どちらかの選手がスライドすることになります。
その守備のスライドが守備のズレを生み出す原因になってしまいます。

アンカーは中央に配置されるので、1トップのFWに付きやすくなります。
1トップFWへのパスを防いだり、直接チャレンジに行ったりと守備がしやすくなるのです。

CB2枚+CDM2枚という偶数でもマークの受け渡しで守れますが、初心者はアンカーを置いてしまったほうがマークに付く選手が分かりやすくて守りやすいです。

③サイド攻撃もサイド守備も安定する

クロスからの攻撃が弱体化したFIFA20ですが、やはりサイドを上手く使うのはサッカーの組み立てとして重要です。

4-3-3の場合、サイドバックとウイングの2枚がサイドに配置されます。
さらに両脇のCMもサイドに寄せると片方のサイドだけで3人が絡む状態になるので、攻撃時も守備時も安定しやすいのです。

攻撃時は高い位置にいるウイングに当てて一気に突破していってもいいし、サイドバックに一度ボールを預けてからウイングとCMへのパスコース生み出しながらサイドでゲームを組み立てもいいわけです。

守備を安定させたい時はウイングをしっかり守備に戻らせて、カウンターを狙いたいときはウイングを前線に張らせてと同じ4-3-3でも戦い方をいろいろと変えることができます。

色々試しながら自分に合ったスタイルを探してみてください。

まとめ

4-3-3が初心者にお勧めできる理由として

  • ①採用しているチームが多くて選手を集めやすい
  • ②アンカーが存在することで守備をしやすい
  • ③サイド攻撃もサイド守備も安定する

の3つを紹介しました。

同じ4-3-3でも中央がCM3枚のものもあれば、3トップをLF+ST+RFにして中央に寄せて中央突破を狙う方法もあります。
1トップをフォルス9(偽9番)にして中盤まで降ろせばMF3枚+ST1枚で中盤の組み立てがしやすくなったりもします。

選手も集めやすく、攻撃のバリエーションも多い4-3-3ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)