【FIFA20】ストレイフドリブルとは?ドリブル勝負を仕掛けやすくなった新技

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
この記事はFIFA20で新しく出た新技『ストレイフドリブル』を紹介しています。

ストレイフドリブルは細かいステップになるドリブルコマンドで、特に相手守備との間合いを調整するのにめちゃくちゃ便利なFIFA20の新技です。
バックステップや横ステップ、体の向きを調整しながらボールキープしたりとめちゃくちゃ便利なのに、操作も簡単というFIFAシリーズ初心者にもお勧めのドリブルです。

やり方は

  • L1+左スティック操作→ステップが細かくなる
  • L1+R1+左スティック操作→体の向きを固定したままステップが細かくなる

というL1もしくはL1+R1を押すだけというものすごく簡単な操作です。

ストレイフドリブルを間合い取りに使う

ストレイフドリブルの使いどころで一番お勧めなのがディフェンスとの間合いを取るときです。

ストレイフドリブルは後退や横移動がしやすくて、相手に縦のコースを切られたときでも左右に揺さぶったり間合いを離したりしてドリブルコースやパスコースを作ることができます。

特にストレイフドリブルで横ズレしてからの、R2ダッシュドリブルが強力で、ストレイフドリブルでズレを作ってからの縦突破がものすごく強力です。

サイドでアイソレーション(1vs1に強い選手を活かすシーンを作る)を組み込むと、ドリブラーがめちゃくちゃ活きます。

ストレイフドリブルからの縦突破ぜひ試してみてください。

ストレイフドリブルを間合い取りに使う

L1+R1の体の向きを固定するドリブルはボールキープするときにお勧めです。

現代サッカーでは体の向きってものすごく重要視されていて、体の向きで次のパスを出しやすくしたり、相手守備からボールをキープしたりするシーンがものすごく多くなってます。
また、体の向きだけでパスコースのフェイントにすることも。

L1単体のストレイフドリブルと合わせて使いこなすと、中盤でボールをキープしながら前線に運びやすくなります。

緩急つけた攻めをするならストレイフドリブルめちゃくちゃお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)