【FIFA21】アイコン選手ライカールト使ってみた感想

みっきぃ(@iwtpg)です。
今回はFIFA21のアイコンスワップス1でライカールトを手に入れたので、使用感の感想です。
シャドーを付けてスピードを上げると中盤の守備力がぐっと上がる感じがして、アイコン選手だからケミストリーリンクもつなげやすくてめちゃくちゃ満足しています。

アイコンスワップスとはFIFAのFUTのイベントで、条件をクリアするとアイコン選手が手に入るというものです。
ライカールトは大体90万コインぐらいの価値があるんですけど、イベントに時間を割いて手に入れました。

ぼくはパック運が無いので確実に狙った選手を手に入れるこういうイベントはありがたいです。

ライカールトの特徴

ライカールトはCDMの選手で、元々がセンターバックの選手だったということで守備力も高め。
身長も187cmあってフィジカルも強いので、守備に芯が一本入るようなそんなイメージでボランチで使えています。

ペースが77なのは少し遅めなのでシャドーで強化しておきたいところ。

スピードを強化すればかなり長く使えそうなので手に入れて良かったなと思います。

シャドーでペースとディフェンスを上げて守備力強化

ライカールトを使うなら「シャドー」でペースとディフェンスを上げておくと使いやすくなります。

FIFAはスピードのある選手が強いので、守備の選手もスピードを上げておかないと特にカウンターを食らった時に対応ができなくなります。

ライカールトはインターセプトとタックルの値が高いので、スピードで振り切られさえしなければボール奪取しやすいと思います。

ライカールトは身長187cmあるんですけど、身長のある選手をボランチに置くとインターセプトしやすい気がするんですよね。
なので縦パスのコースに立ちはだかるだけでかなりボールカットしやすくて、奪ったら球をすぐにさばいてカウンターとかも狙えてます。

元々がセンターバックなのでケミストリー7で良ければCBでの使用もいいかもしれないです。
※ケミストリーが最大7になってしまうがCDMをCBの位置に置くことができる。

シュート系の能力は高くありませんけど、中盤の底であれば十二分に戦力になってくれる選手です。
気になっている人はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)