【HUNTER×HUNTER】ヒソカの「言わないんじゃなく言えない」がすごく好き

HUNTER×HUNTER12巻
ヒソカの言葉に

「言わないんじゃなく、言えない」

っていう言葉がある。
僕はこの言葉がすごく好きで、相手が何を言ってきても遮断するパワーがある。

このシーンについて

「言わないんじゃなくて言えない

ボクがギリギリ言えるのはそこまでだ

それで納得できないのなら、ボクもボクを守るために戦わざるを得ないな」

このセリフはヒソカのハッタリのセリフだ。
ハンターハンターは念能力という人それぞれが持つ特殊な能力がテーマになった漫画。
ヒソカは「言わないんじゃなくて言えない」という言葉を使うことで「自分は念能力で攻撃されているから言えない状態にある」という印象をまわりに与えた。

ヒソカの思惑通りの展開となる。

ヒソカがマジシャンのようなキャラクターであり、ハッタリや相手を騙すというマジシャンのキャラクターが表に出たすばらしいシーンだ。

相手の言葉を遮断する時

仕事で「なんでしなかったんだ」と怒られるときがある。
僕はこう言う。

「しなかったんじゃなく、できなかったんです」

これは言いわけでもなんでもなく、その状況で様々な判断がある中で、結果的にはその選択を選んだほうが良かったんだろうけれども、実際はそれを選ぶことができなかったという意味で使う。

「することができなかった」まで言い切れば、向こうも無下に追撃できない。
それぐらい「しなかった」と「できなかった」では印象が異なる。

言い切れば相手は深読みするし、こちらの話を聞こうとしてくる。
もちろんそのあとの「できなかった理由」をどう伝えるか大事だし、それをミスると信用を失うわけだが。

ウソを言い切るヒソカの強さ

「○○しなかったんじゃなく、○○できなかった」

その表現は相手に有無を言わせないパワーがある。

先にも書いたがヒソカはハッタリとしてこの言葉を使った。
自分の意見を押し通すとき、ときにはハッタリも必要。

で、もしウソがばれそうになってもヒソカはこう言うだろう。

「言わないんじゃなく、言えない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)