【スプラトゥーン2】撃ち合いが苦手ならオクトエキスパンションの裏ボスに鍛えてもらえ

※この記事は2018年6月に配信されたスプラトゥーン2の追加有料DLC「オクト・エキスパンション」のネタバレを含みます。

スプラトゥーン2の撃ち合いで「今日は調子が悪いな」と思ったとき、僕はオクトエキスパンションの裏ボス「心の中の3号」と対戦する。
シューター限定ではあるけれども、自分の調子を測るときや、自分に気合を入れたいときにめちゃくちゃおすすめ。

裏ボス「心の中の3号」とは

裏ボス「心の中の3号」とは

裏ボス「心の中の3号」とは、オクトエキスパンションをクリアした後に出てくる裏ボスだ。
「心の中の3号」はオクトのストーリー上でも出てくるが、クリア後はパワーアップして裏ボスとして登場。

1vs1での対戦となるが、チートか!ってぐらい暴力的な攻撃をしてくる。

逆に言うと3号に安定して勝てるようになると、撃ち合いの安定感が増す。
ガチバトルをやる前に、気合を入れる意味で対戦するのもおすすめしたい。

1vs1の撃ち合いのコツ

1vs1の撃ち合いのコツ

3号と戦うときはスプラトゥーン2の撃ち合いの基本を覚えておく必要がある。

  • 自分が移動しやすいように地面を塗る
  • エイム(相手にしっかり攻撃を当てる能力)を意識する
  • ブキ射程の間合いを考えた立ち回りをする
  • ボムやスペシャルに対応できるようになる

読んでもらうと分かるけど、コツというよりスプラトゥーン2の撃ち合いの基本。
基本は繰り返し練習するのみ。
だからこそ3号と何度も戦うことで身に着けることができる。

対戦ゲームならCPU戦で操作の練習や、攻撃のパターンの練習

対戦ゲームだとCPUとの対戦でこういう練習をするけれども、スプラトゥーン2ではなかなか練習ができない。
3号の存在は撃ち合いが苦手なプレイヤーにとって物凄くありがたい。

残念ながらシューター限定なので、自分のブキも3号のブキも選べるようになったらスプラトゥーン2プレイヤーのレベルは上がるんじゃないだろうか

3号戦で意識的に練習したいもの

3号戦で意識的に練習したいもの

エイムの練習

何といってもエイムの練習は重要。
3号はマニューバーのスライド移動も使ってくるので、しっかり3号の動きを見て的確に打ち狙えるようになりたい。

試し打ちの規則的な動きではなく、3号はこちらの動きに合わせて機敏に動くので、それに合わせられるエイムのスキルを身に着けよう。

ジェットパック対策

3号戦でジェットパックに慣れると、ガチバトルでジェットパックを使ってくる相手に追いついて戦うことができるようになる。

ジェットパックで飛ぶ敵を撃ち抜くエイムの技術、ジェットパックの球を避ける動き。
相手にジェットパックを使われても落ち着いて立ち向かうことができる。

ロボットボム対策

ロボットボムは軽く近づいてから一気に距離を取るクセを付けられれば回避率はぐぐっと上がる。
ロボットボムの欠点は近づいた後に一旦止まってから爆発する事。
「一旦止まる」のリズムと、どの程度近づけば「一旦止まる」のかを把握すればロボットボムを使われても怖くなくなるはず。

マルチミサイル回避

マルチミサイルの落下地点を把握しつつ、落ちてくるタイミングに合わせて移動できるようになれば軽々と避けられるようになる。
マルチミサイル回避の練習はサーモンランのカタパッドのほうがやりやすいかなとも思う。

まとめ

まとめ

3号戦の一番のメリットは「CPU戦だと自分の調子を把握しやすい」ということ。
ガチバトルで連敗した時に、自分の調子が悪いのか、たまたま味方運が悪かったのかはスプラトゥーンでは把握しにくい。

調子の変わらないCPUを相手にすることで今の自分の調子を把握しやすくなる。

任天堂さん、ぜひともこちらのブキと3号のブキを選べる3号戦を作ってください。
絶対もっとスプラトゥーン2の対戦盛り上がります。

お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)