【FIFA20】単純なハイクロスで点が取りづらくなった理由

※表記は「NEWコントロール」設定のものになります。

みっきい(@iwtpg)です。
今回はFIFA20のAIが良くなったため、単純なハイクロスでは点が取れなくなったという話です。

例えばコーナーキックやフリーキックのとき、FIFA19までは身長の高い選手にボールを合わせれば点が取りやすかったです。
それは守備のマッチアップで背の低いディフェンダーが背の高いフォワードをマークするという、リアルサッカーではありえないような組み合わせがあったからです。
なので単純なハイクロスでも身長差で点が取れることがあったんですけど、FIFA20ではそういうことはなくなってしまいました。

ペナルティエリア内の様子を見てクロスを上げる

AIが良くなったので流れの中でもディフェンスの人数がそろっているときは単純なハイクロスで点が取りにくくなったのがFIFA20です。
っていうことはクロスで点を取りたければ

  • カウンターなど一気に攻めてPA内の守備体勢が整っていないタイミングで上げる
  • こちらのFWのほうが身長が高ければその選手を狙う
  • クロスボールに角度をつけてフリーでシュートを撃てるようにする

などの選択肢が考えられます。
でも無理にハイクロスを狙うよりも、スピードのあるクロスであったりグラウンダーのクロスを使ったほうが点に繋がりやすいとぼくは感じています。

コーナーキックをどうするか

今回のAIの修正によってコーナーキックで点がかなり取りにくくなりました。
FIFA19ではマッチアップでの身長差のズレを見て、そこに蹴りこめば点に繋がりやすかったのですが今回はそのやり方は難しいです。

なのでFIFA20では

  • ショートコーナーを使ってマークをずらす
  • ショートコーナーを使ってPA内にドリブルで進入する
  • ニアに早いボールを入れる

などで対応します。
ニアへの早いボールは相手にばれるとマークに付かれて点に繋がらないので、今作FIFA20ではショートコーナーからのバリエーションを増やすことが大事になるのではないでしょうか。

ただ身長差さえあればそれを生かしてヘッドすればいいので、相手チーム守備陣の身長が低いと思ったらこちらの高身長選手を使っていくのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)