【オクトパストラベラー】テリオン1章の攻略と感想|残念ながら盗むという悪行はワクワクする

プリムロゼからはじめたオクトパストラベラーも仲間7人目。
でもまだ全員の1章が終っていないのにプレー10時間を越えてる。
クリアまで何時間かかるんだろ。

Twitterを見てると全キャラ仲間にせずに自分が好きなキャラだけクリアしている人もいるみたい。
それもオクトパストラベラーの楽しみ方かな。

今回は盗賊テリオンの物語。
だいたいゲームにおける盗賊キャラっていうのは最初から悪人ではなく、貧しさややむをえない事情から盗みという悪を行ってるイメージ。
テリオンもそんなキャラクターのようだ。

テリオン1章のあらすじ

テリオン1章のあらすじ

テリオンはボルダーフォールに来た盗賊。
謎の過去を持っているが、知られているのはその盗賊しての腕だけ。

そんな彼が『盗賊殺し』の異名を持つレイヴァース家の秘宝の噂を聞きつけて、レイヴァースの屋敷に乗り込もうとする。

途中にはテリオンの子供のころの回想があり、そこではダリウスという盗賊の相棒が出てくる。
このダリウスは1章ではわずかな回想の中でしか出てこないが、テリオンの過去に大きな影響を与えたことは伝わってくる。

それにしてもレイヴァース家の秘宝。
調べれば調べるほど『どんな秘宝か分からないが、レイヴァース家があれだけ必死に守っているものだからすごいに違いない』という曖昧な情報しか回ってこない。

ゲーム慣れしている人ならきな臭く感じる雰囲気なんだが。

テリオン1章の攻略

テリオン1章の攻略

フィールドコマンド「盗む」

テリオンのフィールドコマンドは「盗む」
これを使って町人から色々なアイテムを盗むことができる。
1章ではチュートリアル的な感じらしく、どれも100%の確立で盗むことができる。
プレーを続けているとこの確立が下がっていくんだろう。

ひとまず盗めるだけ全アイテムを盗んで持ち物や装備を充実させておく。

紫宝箱を開けられる

テリオンは固有アクション「開錠」というものがあり、紫宝箱を開けることが出来る。
テリオン1章の町にも紫宝箱があるのでしっかり取っておきたい。

ダンジョンとボス戦の攻略

テリオン1人か、仲間に回復魔法を使える人がいなければ回復アイテムを多めに持っていくこと。
ボス戦も1章という事で難しくない。
「短剣」が弱点なのでブレイクを狙っていこう。

テリオン1章の感想『残念ながら盗むという悪行はワクワクする』

テリオン1章の感想『残念ながら盗むという悪行はワクワクする』

なんだろう、悪い事って無性にワクワクする。

リアルでは悪い事なんて絶対しないからこそかもしれないけど、テリオンの「盗む」というコマンドはどきどきする。

やってもいいのかな?っていう気持ちと、苦労せずに物が手に入る魔性の魅力。
残念ながら盗むっていうのはワクワクしてしまう。

思えばルパン三世なんかも泥棒の話。
本来は銭形警部がいいもんのはずなのに、ルパンの手口を毎回毎回楽しみにしてしまう。

普段はできないこと、やってはいけないことをできるというのもゲームの楽しみなのかもしれない。
これこそロールプレイを楽しもうっていうことか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)